2015年2月アーカイブ

150204 園芸施設共済の補償が拡充されました

園芸施設共済の補償内容が拡充されました。

主な変更点については下記の通りです。

①耐用年数が見直しされました。  
 
 パイプハウスでは5年から10年になります。

②補償価額が引き上げされました。

 耐用年数を過ぎた施設の補償価額が20%から50%になります。

③農家選択により補償追加ができるようになりました。

 1)耐用年数内の施設の補償価額を100%まで引上げできます。
 2)耐用年数を過ぎた施設の補償価額を75%まで引上げできます。
 ※但し、農家選択により補償追加した部分についての掛金は全額農家負担となります。

詳しくは、0120-117-616 北和農業共済組合 事業課 までお問い合わせ下さい。