2008年4月アーカイブ

080414 水稲共済引受種別の解説

平成20年産水稲共済引受種別の解説
 
桜の花も散り、水温む時期になりました。
この時期になると水稲栽培農家の皆さんは、平成20年産水稲栽培の下準備でそろそろ忙しくなる頃かと思います。
北和農業共済組合は次の6通りの引受方法にて農家の皆様の大切なお米を守って行く所存です。
?一筆引受7割補償  ?一筆引受6割補償........ 一筆単位 
?半相殺引受8割補償 ?半相殺引受7割補償... 農家単位
?全相殺引受9割補償 ?全相殺引受8割補償... 農家単位

この6通りの引受方法について簡単に解説すると.....

(例)1筆10.0aの水田7筆、合計70.0aを所有されている「北和太郎さん」の場合
北和太郎さんは都市近郊型農業を営まれています
北和太郎さんは 7筆70.0aの所有水田の内、生産調整20.0aを除いた
5筆50.0a水稲を植えます
5筆の平年作の平均収穫用は1筆当り 507kg 5筆合計で 2,535?の収穫見込みです
しかし.....2008年秋、収穫目前の水田に秋ウンカが発生!!
水稲作付け水田の内、1筆(10.0a)に平年作の5割の収穫しか見込めない程の被害程度です
幸いな事に残りの4筆は被害発生も無く平年作並の収穫量が見込まれます
北和太郎さんは早速地元の「共済部長さん」に被害発生の報告をしました
共済部長さんは最寄の「農業共済組合(NOSAI)」に報告したところ........

農業共済組合の行う「悉皆調査」「抜取調査」の結果被害発生田の収穫見込み量は............平年作の5割(254?)でした
ただし、他の作付け水田4筆40.0aは平年並みの収穫量が見込まれます
(507?×4(40.0a)筆=2,028?)


?:北和太郎さんが一筆引受7割補償に加入していた場合
共済掛金(5,430円)
?引受収量(355?基準収穫量の7割)?調査収量(254?)
?減収量(?-?=101?)
?支払共済金(?×213円〈1kg当共済金〉=21,917円

?:北和太郎さんが一筆引受6割補償に加入していた場合
共済掛金(3,815円)
?引受収量(304?基準収穫量の6割)?調査収量(254?)
?減収量(?-?=50?)
?支払共済金(?×213円〈1kg当共済金〉=10,850円

?:北和太郎さんが半相殺引受8割補償に加入していた場合
共済掛金(7,415円)
?引受収量(2,028?〈基準収穫量の8割〉)?調査収量(2,282?)
?減収量(?-?=-252?)
?支払共済金(調査収量≧引受収量の為 0円

?:北和太郎さんが半相殺引受7割補償に加入していた場合
共済掛金(4,375円)
?引受収量(1,775?〈基準収穫量の7割〉)?調査収量(2,282?)
?減収量(?-?=-507?)
?支払共済金(調査収量≧引受収量の為 0円

?:北和太郎さんが全相殺引受9割補償に加入していた場合
共済掛金(12,275円)
?引受収量(2,280?〈基準収穫量の9割〉)?調査収量(2,282?)
?減収量(?-?=-2?)
?支払共済金(調査収量≧引受収量の為 0円

?:北和太郎さんが全相殺引受8割補償に加入していた場合
共済掛金(6,740円)
?引受収量(2,030?〈基準収穫量の8割〉)?調査収量(2,282?)
?減収量(?-?=-252?)
?支払共済金(調査収量≧引受収量の為 0円
 
※ 解説の為、調査収量の端数は未処理


以上が引受種別ごとの掛金、減収量、共済金の簡単な解説となります
北和農業共済組合は奈良県において過去に冷害等による広範囲で尚且つ、甚大な被害も無い事、管内の農業形態、農家の経済的負担(無事戻し金による補填も考慮)、災害時の支払い共済金額等を考慮し、一筆引受7割補償を推奨いたします。

詳細についてのお問い合わせは
組合員様につきましては、北和農業共済組合までお願いします
組合員様以外の方は最寄の農業共済組合 NOSAIまで お願いします。

080404 平成20年産水稲共済適用掛金率表

平成20年産水稲共済適用掛金率表

共済目的の種類:水稲
引 受 方 式  農作物通常  農作物    農作物      農作物    農作物
(補償割合)   標準被害率  通常共済   異常共済    共済掛金  基準共済
//////////////////////    掛金標準率   標準率    標準率    掛金率

一筆7割 //  (1.8%)// (0.592%)// (1.579%)// (2.171%)// (2.171%)
一筆6割 //  (1.6%)// (0.493%)// (1.061%)// (1.554%)// (1.554%)
半相殺8割 / (1.8%)// (0.631%)// (2.167%)// (2.798%)// (2.798%)
半相殺7割 / (1.6%)// (0.445%)// (1.177%)// (1.622%)// (1.622%)
全相殺9割 / (2.5%)// (1.201%)// (3.256%)// (4.457%)// (4.457%)
全相殺8割 / (1.9%)// (0.656%)// (1.836%)// (2.492%)// (2.492%) 
     
引 受 方 式   農作物異常   農 作 物   農 作 物
(補償割合)    標準被害率   再保険料率  通常責任
             の          の     保険歩合
          算定基礎率   算定基礎率

一筆7割//  (0.607%) /// (1.398%) /// (30%)
一筆6割//  (0.258%) /// (0.999%) /// (30%)
半相殺8割 / (0.694%) /// (1.957%) /// (30%)
半相殺7割 / (0.201%) /// (1.140%) /// (30%)
全相殺9割 / (0.745%) /// (3.070%) /// (30%)
全相殺8割 / (0.545%) /// (1.722%) /// (30%)
組合員各位

平成18年2月27日農林水産省告示第195号(農作物基準共済掛金率を定める件)の一部が、平成20年2月22日農林水産省告示第255号をもって改正され、貴組合の新料率が標記の通り定められましたので公告します。
                                 北和農業共済組合