2008年2月アーカイブ

080206 猪について(豆知識)冬の食事

団栗、栗などの主食が無くなった真冬、猪は何を食べて越冬するのでしょう・・・

イノシシにとっても冬季から早春には餌源が枯渇する時期であるが、狩猟期に捕獲されたイノシシの胃の内容物が全て牧草の一種である「イタリアンライグラス」であったというようなハンターの証言や、排泄物の分析などから、イノシシも冬季~早春には緑草を主要餌源として利用していることが明らかとなってきた。
近畿中国四国農業研究センター 鳥獣害研究チームでは飼育イノシシの個体に、集落周辺で群落形成がみられた主要な雑草約60種を与え、イノシシの緑草食がどの程度の草種に及ぶか調査されました。

大好きな草
アカツメクサ・アマチャズル・イタドリ・イタリアンライグラス・イノコヅチ・エノキグサ
オオイヌタデ・カタバミ・カラスノエンドウ・カラムシ・クサコアカソ・クズ・シロツメグサ
クワ・クワクサ・サナエタデ・スズメノカタビラ・セリ・ドクダミ・ノバラ・メヒシバ
(近畿中国四国農業研究センター 鳥獣害研究チーム 調査資料より抜粋)

イノシシも早春の大好物「筍」が口に入るまでは雑草が主食であるといえます。
ところが集落付近に頻繁に現れるイノシシはグルメですから雑草なんか非常食程度のものでしょう。
 
不耕起田に生えている「ヒコバエ(刈取った水稲の2番穂)」、田畑に捨てられた「クズ野菜」
家庭からでる「食べ残し等のゴミ」これら全てがイノシシの冬の栄養源なり、ますます集落付近に出現することにつながります。

特に「ヒコバエ」や「クズ野菜」は食べても怒られない餌となりますのでイノシシも安心して食事をすることができるのです。

収穫直前の水稲に被害が発生、あわてて防護柵を設置する前に、冬の時期でもできる防除策を集落ぐるみで検討されてはどうでしょうか?